月への送魂

月を死後の世界とし、地球人類の故人の霊魂を、
レーザーの光に乗せて、地上から送る「月への送魂」の儀式です。

月への送魂

月光の放つ柔らかな光「慈悲」満月の光は、無明の暗を照らします。 満ち欠けによって死と再生を繰り返す月は、人間の象徴なのです。 月、つまり天国へ魂を送る儀式...それが「ムーンハートピア・月への送魂」

古代人たちは「魂のエコロジー」とともに生き、死後への幸福なロマンを持っていました。
その象徴が月です。
彼らは、月を死後の魂のおもむくところと考えました。
月は、魂の再生の中継点と考えられてきたのです。
多くの民族の神話と儀礼の中で、月は死、もしくは魂の再生と関わっています。
規則的に満ち欠けを繰り返す月が、死と再生のシンボルとされたことはきわめて自然だと言えます。地球上からみるかぎり、月は常に死に、そして蘇る変幻してやまぬ星なのです。
また潮の満ち引きによって、月は人間の生死をコントロールしているという事実があります。
さらには、月面に降り立った宇宙飛行士の多くは、月面で神の実在を感じたと報告しています。
月こそ神の住処であり、天国や極楽、つまりそこは魂の理想郷「ムーンハートピア」なのです。
数十万年前のネアンデルタール人の墓がトルコにあります。
この墓場から出土した化石を手がかりにして、考古学者はネアンデルタール人が死者を花の上に寝かせて埋葬したことを突き止めました。
このことから、ネアンデルタール人が死を祝事とみなしていた。
つまり、人間が死ぬということは別の世界へ移り込むことだと考えていたのがよくわかります。
そしてその別の世界こそ「ムーンハートピア」であり、ネアンデルタール人の埋葬から十万年後、
「月への送魂」によって、人類はついに魂をダイレクトに霊界に送るアートを獲得するのかもしれません。

お問い合わせ
お電話によるお問い合わせ [093]601-1000  メールによるお問い合わせ info@sunray-gh.com
[高齢者複合施設]サンレーグランドホテル